ここだけの結婚指輪情報駆け込み寺

結婚指輪の内側に入れた文字や宝石について、先輩花嫁がこだわったポイントを解説しました。

結婚指輪の素材は何にする?

婚約指輪はダイヤモンドに合う素材を選ぶ人が多いですが、結婚指輪はどのような素材を選べば良いのでしょうか。

結婚指輪はデザインがシンプルなものが多いので、素材にもこだわりたいですよね。

変形しにくいことを重視するなら、素材はプラチナやゴールドのPt900やK18を選ぶようにしてください。

これらは純度が高いほど軟らかいため、変形しづらいです。

また、サイズ直しをしやすい素材かどうかを考えるときも、プラチナがおすすめです。

【参考記事はこちら】90%の婚約指輪にプラチナが選ばれている!

プラチナは強度がある上にしなやかな柔らかさを持っている金属です。

ゴールドやチタンのような素材はサイズ直しをしてもらえないブランドでも、プラチナであればサイズ直し可能というブランドが多いです。

次に、変色しにくいことを重視するなら、プラチナ、チタン、ステンレス、をおすすめします。

これらの金属は変色しにくいことが特徴です。

変色しやすいのはピンクゴールドやホワイトゴールドのような加工されているゴールド。

これらはメッキ加工を施されているので、使用しているうちに色が変わってしまうことがあります。

金属アレルギーの人はチタンやジルコニウムがおすすめです。

プラチナもアレルギーを起こしにくい素材ですが、プラチナは硬さを強化するために他の金属を混ぜているので、混ぜた金属でアレルギーが起こることがあります。

手元の印象としては、プラチナやピンクゴールドといった色はオーソドックスなので目立ちません。

ゴールドは肌なじみが良いですが、人世代前の人たちから見たときに少しカジュアルと感じる人がいるかもしれません。

以上が結婚指輪の素材の特徴です。

素敵な結婚指輪を見つける際の参考にしてくださいね。


Categorised as: 結婚指輪の豆知識

Comments are disabled on this post


Comments are closed.