ここだけの結婚指輪情報駆け込み寺

結婚指輪の内側に入れた文字や宝石について、先輩花嫁がこだわったポイントを解説しました。

密かな人気?!チタン製の結婚指輪

結婚指輪と聞くと、イメージするのはプラチナのシンプルなリングですよね。

私も母の結婚指輪を見ていた所為でそういうものだと思っていました。

ですが、自分が結婚する番になって色々なマリッジリングを見て歩いた結果、プラチナリングなんて数多あるリング素材の一部でしかなかった事に気付いたのです。

ジュエリーに関してもそうでした。

エンゲージリングはダイヤモンド!と決めつけていましたが、今はそうじゃない。

指輪も個性の時代なんですね。

そんな数多あるリングの中で一際目を引いたのは「チタン製の婚約・結婚指輪」でした。

指輪にチタン??それってナットじゃないの?なんて最初は思ったのですが、色々とみているうちにそれがとんでもない思い込みだと分かったんです。

チタン製の指輪って想像以上におしゃれだったんですね!

チタン製の指輪が密かな人気を博してきた背景には「金属アレルギーを持って居る人でもつけられる」「安価」「カラーを付ける事も出来て、デザインが豊富」「男性でも気兼ねなくつけられる」等のれっきとした理由があります。

確かに、チタンならプラチナや金やシルバーがダメな人でも大丈夫ですし、価格もノーマルデザインならプラチナリングの半分以下、見た目もメタリックな印象が強いので、これなら男性も恥ずかしがらずにつけて貰えるでしょう。

男性が結婚指輪を付けたがらない理由の中に「高価だから無くしたくない」「今までアクセサリーなんかした事がなかったからなんだか気恥ずかしい」というのがあると聞いたのですが、チタンリングならそんな心配も無用ですね。

丈夫で劣化しやすい、というのも個人的には気になるところです。

私も機会があればファッションリングとしてチタン製の指輪を一つ持ってみたいなぁ、と思いました。


Categorised as: 結婚指輪の豆知識

Comments are disabled on this post


Comments are closed.